観光目的の短期滞在(9/7~)

9月1日付で政府より「観光目的の短期間の滞在の新規入国の見直し」が発表されました。


■現在の運用:

令和4年6月10日から、旅行業者等を受入責任者とする「青」区分の国・地域からの添乗員付きパッケージツアーによる外国人観光客の受入れを開始しています。

(引用出典:厚生労働省)


■今回の発表を受けて:

令和4年9月7日からは、全ての国・地域からの添乗員の同行を伴わないパッケージツアーについても受入れを開始されます。


【主な変更点】

・「青」区分の国・地域 → 全ての国・地域

・添乗員の同行あり → 添乗員の同行なし


(引用出典:国土交通省観光庁)


■上記の見直しに伴い、下記のようなものが認められます。

(引用出典:国土交通省観光庁)


新規入国については、受入責任者の管理の下、厚生労働省の入国者健康確認システム(ERFS)に必要事項等を事前申請することが必要となる運用になっています。


受入責任者となる旅行業者等が厚生労働省の入国者健康確認システム(ERFS)登録時に目的として「観光」として申請を行います。


ご参考になれば幸いです。


【お問い合わせ先】

https://www.fukulaw15.com/