日本で産まれた赤ちゃんのビザ申請

本日もご覧いただき、ありがとうございます。


日本に住む外国籍の方に赤ちゃんが生まれた場合、まず14日以内に出生届を役所に提出してください。


役所の【手続きに必要な書類】

  1. 出生届(記入済みのもの)

  2. 母子健康手帳

  3. お父さん、お母さんのパスポート

  4. 届出人の在留カード

  5. その他、役所によって求められるもの

上記を提出したら、ビザ申請用に「出生届受理証明書」と「住民票」(赤ちゃんを含め世帯全員)を取得しておいてください。


赤ちゃんのビザ申請は、生まれてから30日以内に入管に申請を行わなければなりません。

この期間を経過してしまうと、通常の手続きが行えなくなってしまいますので注意してください。


入管の【手続きに必要な書類】

  1. 在留資格取得許可申請書

  2. 質問書

  3. 出生届受理証明書(原本)

  4. 住民票(赤ちゃんを含め世帯全員)(原本)

  5. パスポート or 旅券が未取得である理由書

  6. 赤ちゃんを扶養する方の課税証明書、納税証明書

  7. 赤ちゃんを扶養する方の職業を証明するもの

  8. 身元保証書

  9. 赤ちゃんを扶養する方の在留カード、パスポート

◆以下、チェックポイントです。

※1.在留資格取得許可申請書に写真は不要です。

※4.マイナンバーを省略したものを取得してください。

※5.パスポートを申請中の場合は受付票の写しを理由書と一緒に準備してください。

※7.在職証明書や、会社を経営されいている方は登記簿謄本がこれにあたります。

※8.父または母が「永住者」,「日本人の配偶者等」,「永住者の配偶者等」または「定住者」の在留資格の場合は必要です。


生まれてから14日以内、30日以内とかなりスケジュールはタイトになることが予想されます。入管での待ち時間や、書類の不備で再度行くなんて想像したくありません。

弊所では上記手続きもしっかりサポートしております。


是非お気軽にお問い合わせください。


【お問い合わせ先】

https://www.fukulaw15.com/