ワクチンを打っていない子供の入国の際の隔離措置について

本日もご覧くださりありがとうございます。


日本への入国制限が緩和され、お子様と一緒に入国・帰国される方も多くなってきたと実感しております。最近よくお伺いする、ワクチン未接種の子供の隔離期間短縮が出来るのかというお問い合わせについて、こちらでシェアしたいと思います。


この点、厚生労働省は下記の通り回答しています。

(以下、引用)


追加接種(3回目接種)を受けていない(接種証明書を所持していない)18 歳 未満の子どもについては、

  • 原則として追加接種による待機期間の短縮は認められませんが、

  • 有効な接種証明書を所持する保護者が同伴し、当該子どもの行動管理を行っている場合は、特例的に、有効な接種証明書を所持する者として取り扱い、当該 保護者と同様の待機期間の短縮が認められることになります。

※接種証明書を所持していない 18 歳未満の子どもが単独で(接種証明書を所持する保護者 の同伴なしで)入国する場合には、上記の特例は認められません。(出典:厚生労働省)


上記の通り、単独入国する場合は大人と同じように扱われますが、保護者同伴で行動管理をされている場合は特例が適用されます。

入国のためだけであれば、子供にワクチン接種をするということは必要ありません。


最後までお読みいただきありがとうございました。


【お問い合わせ先】

https://www.fukulaw15.com/