隔離期間短縮に有効なワクチンが増えます

本日もご覧くださりありがとうございます。


日本へ入国・帰国の際に隔離期間短縮に有効なワクチンの種類及び接種について4月25日付で変更がありますので、こちらでシェアしたいと思います。

(以下、引用)


有効と認められる新型コロナワクチン接種証明書は、以下の①から④までの条件を満たしている必要があります。

  1. 各国・地域の政府等公的な機関で発行された接種証明書であること。

  2. 氏名、生年月日、ワクチン名又はメーカー、ワクチン接種日、ワクチン接 種回数が(日本語又は英語で)記載されていること。

  3. 1回目及び2回目に接種したワクチンのワクチン名又はメーカーが、以下 のいずれかであること。 ・コミナティ(Comirnaty)筋注/ファイザー(Pfizer) ・バキスゼブリア(Vaxzevria)筋注/アストラゼネカ(AstraZeneca) ・COVID-19 ワクチンモデルナ(COVID-19 Vaccine Moderna)筋注/モデルナ(Moderna) ・Janssen COVID-19 Vaccine/ヤンセン(Janssen) ・COVAXIN/バーラト・バイオテック(Bharat Biotech) ・ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注/ノババックス(Novavax)(令和4年 4月 25 日から適用) ※復星医薬(フォースン・ファーマ )/ビオンテック社製の「コミナティ」、インド 血清研究所が製造する「コビシールドCovishield)」及び「コボバックス(COVOVAX)」 (令和4年4月 25 日から適用)を含む。

  4. 3回目(Janssen COVID-19 Vaccine/ヤンセン(Janssen)の場合は1回のみ接種をもって2回分相当とみなす。以下同じ。)に接種したワクチン名又 はメーカーが、以下のいずれかであること。 ・コミナティ(Comirnaty)筋注/ファイザー(Pfizer) ・COVID-19 ワクチンモデルナ(COVID-19 Vaccine Moderna)筋注/モデル ナ(Moderna) ・ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注/ノババックス(Novavax)(令和4年 4月 25 日から適用) ※復星医薬(フォースン・ファーマ )/ビオンテック社製の「コミナティ」及びインド血清研究所が製造する「コボバックス(COVOVAX)」(令和4年4月 25 日から適用)を含む。(出典:厚生労働省)

ワクチンは選択肢がかなり増えてきたと実感しています。

4月25日以降に来日・帰国される方は是非ご自身の接種したものの証明書と照らし合わせて該当するか確認してみてください。


また新しい情報が入りましたらこちらでもシェアしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


【お問い合わせ先】

https://www.fukulaw15.com/