【重要】水際対策強化(14)


政府は 5月 25日付で水際対策強化に係る新たな措置(14)を発表しました。


これは「本措置に基づいて別途指定する一部の国・地域からのすべての入国者及び帰国者に対し、当分の間、追加的な強化措置として、 検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)での 10日間の待機を求める。」ものになります。

5月 28日午前 0時からこの措置(14)に基づく措置の対象国・地域は以下の通りです。


インド、スリランカ、 ネパール、パキスタン、バングラデシュ、 モルディブ


またこの措置では入国後 3日目、6日目及び 10日目に改めて検査を行い、いずれの検査においても陰性と判定された者については、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後 14 日目までの間自宅等待機が求められます。

また新しい情報が入りましたらこちらでもシェアしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


【お問い合わせ先】

https://www.fukulaw15.com/