【重要】渡航自粛要請

本日もご覧くださりありがとうございます。


5月7日、日本において新たな水際対策措置が決定されました。

「インド、パキスタン及びネパールについては、令和3年(2021年)年5月10日から当分の間、これらの国からの帰国者及び入国者について、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る。)において6日間の待機を求め、帰国後3日目及び6日目に検査を行い、いずれの検査においても陰性と判定された者については、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の自宅待機等を求めることになります。」との発表がありました。(出典:外務省)


また日本への再入(帰)国を前提とした3か国への短期渡航について、当分の間、中止するよう改めて強く要請され、3か国への短期渡航が確認された外国人の方については出入国在留審査手続において、渡航理由等をお伺いする予定にしていることも併せて発表になりました。


また新しい情報が入りましたらこちらでもシェアしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


【お問い合わせ先】

https://www.fukulaw15.com/