【重要】変異株流行国・地域への指定4/28

本日もご覧くださりありがとうございます。

4月28日、現行の29か国・地域(※)に加え、以下の6の国・地域を指定し、日本においてこれらの国・地域に対して、英国及び南アフリカ共和国等と同様の水際強化措置が取られることになりました。


(1)アメリカ(テネシー州、フロリダ州、ミシガン州、ミネソタ州)

(2)インド

(3)ペルー


(※)現行 29 か国・地域 アイルランド、アラブ首長国連邦、イスラエル、イタリア、ウクライナ、英国、エストニ ア、オーストリア、オランダ、カナダ(オンタリオ州)、スイス、スウェーデン、スペイン、 スロバキア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ナイジェリア、パキスタン、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、ベルギー、ポーランド、南アフリカ共和国、 ルクセンブルク、レバノン


具体的にこれら指定国からの入国者及び帰国者は、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で待機し、入国後3日目に改めて検査を受けその上で、陰性と判定された方は、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の残りの期間を、自宅等で待機することになります。


また新しい情報が入りましたらこちらでもシェアしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【お問い合わせ先】

https://www.fukulaw15.com/