検疫の強化対象国・地域(まとめ)2/26

本日もご覧くださりありがとうございます。

検疫強化の対象国・地域の指定は日々更新されており、国ごともしくは地域で指定されております。本日時点での指定された対象国・地域を下記にまとめました。

*3/1から措置実施開始のカンボジア、ジンバブエ、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、ブラジル(アクレ州、アラゴアス州、リオデジャネイロ州)も含んでおります。

 

アイルランド、アイスランド、アメリカ合衆国オレゴン州、カリフォルニア州、コネチカット州、コロラド州、サウスカロライナ州、ジョージア州、テキサス州デラウェア州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、バージニア州、ハワイ州、フロリダ州、ペンシルベニア州、マサチューセッツ州、ミシシッピ州、ミネソタ州、メリーランド州、ユタ州】、アラブ首長国連邦、イスラエル、イタリア、イラク、イラン、エクアドル、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、ガーナ、カタール、カナダ【アルバータ州、オンタリオ州、ケベック州、ブリティッシュ・コロンビア州】、カンボジア、ギリシャ、クロアチア、コソボ、ジョージア、シンガポール、ジンバブエ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、セルビア、タンザニア、チェコ、チリ、デンマーク、ドイツ、トルコ、ナイジェリア、ニュージーランド、ノルウェー、パキスタン、パレスチナ、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル【アクレ州、アラゴアス州、ゴイアス州、サンパウロ州、バイア州、パライーバ州、リオデジャネイロ州】、フランス、ブルガリア、ベトナム、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、モザンビーク、ヨルダン、ラトビア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、韓国、中華人民共和国(北京市)、北マケドニア


上記の国・地域からのすべての入国者は、出国前 72 時間以内の検査証明が必要とされます。また、 検査証明を提出できない帰国者は、検疫所が確保する宿泊施設での待機が必要とされます。(出典:厚生労働省)


また新しい情報が入りましたらこちらでもシェアしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【お問い合わせ先】

https://www.fukulaw15.com/