検疫強化対象国・地域の追加1/13

本日もご覧くださりありがとうございます。

緊急事態宣言のもと、水際対策に関する措置も様々な変更がなされています。

本日厚生労働省から、新たな検疫強化の対象国・地域の指定がありました。

(以下、一部引用)


国内で変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からのすべての入国者は、出国前 72 時間以内の検査証明が必要とされます。また、検査証明を提出できない帰国者は、検疫所が確保する宿泊施設での14日間の待機が必要とされます。

(出典:厚生労働省)


今回指定された国・地域はこちらです。

・2021年1月17日午前0時(日本時間)から対象

アメリカ合衆国(メリーランド州)、ポルトガル


過去に指定された国・地域は以下のとおりです。

・2020年12月30日午前0時(日本時間)から対象

アイルランド、イスラエル、イタリア、オーストラリア、オランダ、デンマーク、

フランス、ベルギー

・2020年12月31日午前0時(日本時間)から対象

カナダ(オンタリオ州)

・2021年1月1日午前0時(日本時間)から対象

スイス、スウェーデン、スペイン、ノルウェー、リヒテンシュタイン

・2021年1月3日午前0時(日本時間)から対象

アメリカ合衆国(コロラド州)、カナダ(ケベック州)

・2021年1月4日午前0時(日本時間)から対象

アメリカ合衆国(カリフォルニア州)、アラブ首長国連邦、ドイツ

・2021年1月5日午前0時(日本時間)から対象

アメリカ合衆国(フロリダ州)

・2021年1月9日午前0時(日本時間)から対象

アメリカ合衆国(ニューヨーク州)、アイスランド、スロバキア、フィンランド

・2021年1月10日午前0時(日本時間)から対象

アメリカ合衆国(ジョージア州)、ジョージア、ナイジェリア、ブラジル(サンパウロ州)、ルクセンブルク

・2021年1月12日午前0時(日本時間)から対象

アメリカ合衆国(コネチカット州、テキサス州、ペンシルベニア州)

・2021年1月13日午前0時(日本時間)から対象

カナダ(ブリティッシュ・コロンビア州)、ルーマニア

・2021年1月15日午前0時(日本時間)から対象

アメリカ合衆国(ミネソタ州)


また新しい情報が入りましたらこちらでもシェアしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【お問い合わせ先】

https://www.fukulaw15.com/