上陸拒否が146カ国に(7/24適用)

法務大臣は7月22日の新型コロナウイルス感染症対策本部による公表を受け、7月24日午前0時(日本時間)から、当分の間、新たに以下17の国・地域に滞在歴がある外国人についても、特段の事情がない限り、入管法第5条第1項第14号に該当するものとして、上陸を拒否することと発表しました。


(アジア)ネパール

(中南米)スリナム、パラグアイ、ベネズエラ

(欧州・中央アジア)ウズベキスタン

(中東・アフリカ)ケニア、コモロ、コンゴ共和国、シエラレオネ、スーダン、ソマリア、ナミビア、パレスチナ、ボツワナ、マダガスカル、リビア、リベリア


昨日の感染症危険情報の発出(レベル3への引き上げ)から1日での発表になりました。

引き続き、国際間の往来措置の動きにも注視していきます。

往来における特例措置や、VISAに関わる最新情報をもって、

外国人の皆さまのサポートをさせていただきます。


最後までお読みいただきありがとうございました。

一日も早い事態の収束を願うばかりです。

【お問い合わせ先】

fukulaw15@gmail.com