入国制限緩和措置の状況(7/13発表)

米国や欧州の企業経営者の往来を緩和するという一部報道があるという中で本日(7/13)茂木外務大臣は以下のようにコメントを行いました。


第一弾として、対象4か国(オーストラリア、ニュージーランド、タイ、ベトナム)について、ビジネス人材、ビジネス上必要な人材について、人の往来の再開、これについて協議を行っている、これが特にベトナム、タイについてはかなり議論というのが進展をしているというように考えている。その上で今後、感染症の拡大防止対策、拡大防止策と両立する形で、いかに人の往来を再開させていくかと、非常に重要な課題であると考えております。同時に、人の面に着目して日本経済の回復、これは喫緊の課題でどういうスキームであれば、感染の拡大防止と両立するのかの議論を関係省庁間で行っているという段階です。」

下線部は7/13外務大臣のコメントを一部要約し引用)


先週末から大きな進展はなさそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

一日も早い事態の収束を願うばかりです。

【お問い合わせ先】

fukulaw15@gmail.com