ビザ発給統計公表(7/13)

令和元年度における国籍・地域別発給数の上位4か国は中国・フィリピン・ベトナム・インドネシアとなり、同4か国国籍者に対する発給数が全体の約9割を占めました。

なお、日本は68の国と地域の人々に対して短期滞在ビザを免除しているためこの国に含まれない国と地域の人々が発給対象になります。

(出典:外務省HP)

昨年度はこれだけ多くの外国人の方がビザを取得して訪日してくれていたことが分かります。現在、日本は129の国と地域に対して新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否等を行っており来年発表されるであろう今年の数字は格段に減ることは間違いありません。


最後までお読みいただきありがとうございました。


弊所では制限が解除され次第、短期査証についてもご相談をお受けします。

一日も早い事態の収束を願うばかりです。

【お問い合わせ先】

fukulaw15@gmail.com