6月29日発表の上陸拒否の対象国

法務省はこれまで上陸拒否の対象としていた111の国・地域に滞在歴がある外国人に加え、7月1日午前0時から、新たに18の国に滞在歴がある外国人についても、特段の事情がない限り上陸拒否の対象とすると発表しました。


対象地域はアルジェリア、イラク、エスワティニ、ガイアナ、カメルーン、キューバ、グアテマラ、グレナダ、コスタリカ、ジャマイカ、ジョージア、セネガル、セントビンセント及びグレナディーン諸島、中央アフリカ、ニカラグア、ハイチ、モーリタニア、レバノンになります。


最後までお読みいただきありがとうございました。

一日も早い事態の収束を願うばかりです。


【お問い合わせ先】

fukulaw15@gmail.com