留学生が卒業後も就職活動を続けるとき

留学生が卒業までに就職が決まっておらず、日本で就職活動を継続したい場合には「特定活動」というビザに切り替える必要があります。


この「特定活動」の在留資格が付与されれば引き続き日本で就職活動ができますし、別途で資格外活動許可を得ていれば、留学中と同じように週28時間までアルバイトもすることができます。


【必要な書類】

・在留資格変更許可申請書

・在留中の経費の支払い能力があることを証明する文書

・直前まで在籍していた学校の卒業証明書

・直前まで在籍していた学校による継続就職活動についての推薦状

・継続就職活動を行っていることを明らかにする資料


などがあります。


なお、内定が決まった際には新しい会社での就労に必要な在留資格への変更の手続きが必要になります。

------------------------------------

ビザに関するお悩み、是非ご相談ください。


フクロウ国際法務事務所

https://www.fukulaw15.com/