留学生がアルバイトをしたいとき

日本に来ている留学生の多くは、学校で勉学に励むとともにコンビニなどでアルバイトをしていることが多くあります。非常に流暢な日本語を短期間で習得し感心しています。


さて、このアルバイトをしている留学生は留学という在留資格で在留しているのでアルバイトは資格外の活動になります。所定の手続きをしていなければ不法就労となる点に気を付けなければなりません。


この所定の手続きとは、資格外活動許可のことです。これはアルバイトを始める前に必ず入国管理局に対して行わなければなりません。この許可がもらえた留学生は1週間に28時間を上限としてお仕事をすることができます(残業、時間外労働その他一切を含む)。28時間を超えてしまうと違法な就労となってしまう点が大きなポイントです。

このことを知らないで頑張って働いている留学生もいると聞きますが、上限を守らない場合、強制送還やビザ更新ができないなど様々なリスクが出てきます。


くれぐれもこの労働時間の上限を超えないよう注意してください。


------------------------------------

ビザに関するお悩み、是非ご相談ください。


フクロウ国際法務事務所

https://www.fukulaw15.com/