【配偶者ビザ】国際結婚をして配偶者ビザを貰うための添付資料について①

外国籍の方と国際結婚をされ、日本の配偶者ビザへ変更する際の添付資料についてです。


よくある質問として、結婚式の写真やメール、LINEのやり取りを提出したほうが良いのですかというご質問を受けます。


弊所の見解では、「可能な限り出した方が良い」です。


ではなぜ出した方が良いのか、解説します。

上記のものは真実の交際であれば、その過程においていずれも通常発生するものであり(という大多数の考えであり、必須ではありません)書面上で「私たちの結婚は真実です。信用してください。」というものを裏付ける確固たる証拠になるからです。


【配偶者ビザ】については真実でないものが一定数紛れて申請されているようです。

真実でないものは交際の事実がないので当然こういったものは存在していないので出すことができません。よって提出することにより「私たちの結婚はそうではありません。」という目印になります。

やはり入管も申請書だけではすべてを判断することは難しいので、「こういった添付書類を付けることで自分たちの申請をより分かりやすくするものだ。」とお考えいただけるとよいかと思います。


目的は「交際及び結婚の事実を裏付けるため」

手段として例えば「写真やメール、LINEのやり取りを出す」。


なので目的が達成できるのであれば、手段はこの例に限られないのです。

各人によって状況は様々ですので、一概にこの方法が有効ということはできません。

ご自身のケースに当てはめて、良い方法をご検討ください。


弊所では上記以外のビザについてもご相談を承ります。

是非お気軽にご相談ください。

【お問い合わせ先】

fukulaw15@gmail.com