【配偶者ビザ】再婚した場合の注意点

前々回は離婚をしたのちに再婚した場合【配偶者ビザ】の許可をもらうことができるかについてご説明しました。前々回記事


今回はその要件をクリアしたとしても許可がもらえない可能性があるケースについてです。


ご自身の在留資格を基準として元配偶者の方がその地位で引き続き日本に在留している場合はその可能性が高いです。本来配偶者の地位は1つしかないものの、この申請によって2つ目を得ることになってしまうからです。当然前配偶者の方の在留資格は期限を迎えれば更新することはできませんし、離婚時に他の在留資格に変更されているのであればこの問題は起きません。しかし残念ながらこの点を見落として、真実の申請をしているにもかかわらず不許可となってしまっている方がいらっしゃいます。


結論、離婚される場合は相手方の在留資格についても気を配る必要があります。


弊所ではご自身で申請をされる方のサポートも行っております。


是非お気軽にご相談ください。


【お問い合わせ先】

fukulaw15@gmail.com