【帰化申請】一般要件とは

帰化申請を行うにあたり必要な要件(国籍法5条の場合)


まず大前提として、帰化申請は法務大臣の許可を得なければすることができません。

要件については日本人との特別な関係がある場合など、一定の場合は緩和されることがありますが今回は一般的な条件について説明をします。


①引き続き5年以上日本に住所を有すること

②20歳以上で本国法によって行為能力を有すること

③素行が善良であること

④自己または生計を一にする配偶者その他親族の資産または技能によって生計を営むことができること

⑤国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと

⑥日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はそのもとに成立した政府を暴力で破壊することを企て、もしくは主張し、又はこれを企て、もしくは主張する政党その他の団体を結成し、もしくはこれに加入したことがないこと。

(以上、国籍法5条より)


まず①から⑥についてすべての要件を満たしていることを確認してください。


弊所ではご自身で申請をされる方のサポートも行っております。


是非お気軽にご相談ください。

【お問い合わせ先】

fukulaw15@gmail.com