【就労ビザ】転職をしたら就労資格証明書取得のススメ

転職をされた外国人の方が数か月後にビザ更新をした際に「不許可」となってしまうケースがあります。こういった突然のリスクを軽減する方法として「就労資格証明書」を取得するという方法があります。


在留資格は、申請された時点の内容に書かれている業務で就労する資格があると判断され交付されています。会社の規模や経営状況なども判断要素に関わってくるので、転職された場合には同じ業務を行っていたとしても注意が必要です。


転職先の会社の活動内容が現在許可されている在留資格には該当しないと判断された場合には、在留資格の更新ができない可能性があります。


弊所ではご自身で申請をされる方のサポートも行っております。


是非お気軽にご相談ください。


【お問い合わせ先】

fukulaw15@gmail.com