【就労ビザ】正社員ではないとビザはもらえませんか?

掲題の場合、契約の名称に関わらず適法な契約が結ばれているのであれば(例えば業務委託契約や請負契約など)取得できる可能性があります。ただしその契約内容がビザを付与する期間に相当する(例えば技術・人文知識・国際業務の場合は3カ月、1年、3年等)中長期にわたって安定的な収入が保証されているものでなければなりません。

また、上記の場合は個人事業主となることが想定されますのでご自身で確定申告や国民健康保険、国民年金に加入しなければならないことにも注意が必要です。これらの手続等を怠ると、在留資格の更新が出来ない可能性があります。


弊所ではご自身で申請をされる方のサポートも行っております。

是非お気軽にご相談ください。


【お問い合わせ先】

fukulaw15@gmail.com